JavaScript seems to be disabled in your browser.

You must have JavaScript enabled in your browser to utilize the functionality of this website. Click here for instructions on enabling javascript in your browser.

■ 日本の伝統文化の中になくてはならない和傘

和傘が広く一般に使われ、その製作技法が確立したのは江戸時代です。江戸の浮世絵師安藤広重の描いた「大橋あたりの夕立」(「名所江戸百景」1857年頃)には激しく降る夕立に傘をすぼめて急ぐ町人の姿が生き生きと描かれており、喜多川歌麿の美人画にも傘をさしている町人の姿が多く見られます。

現在の和傘は、生活必需品として使われることは少なくなりましたが、特に日本の伝統文化の代表格である茶道や日本舞踊、歌舞伎などにはなくてはならない道具であり、日本文化を象徴するもののひとつとして重要な役割を果たしています。

さらに、 最近では趣味の品として、広告・ディスプレイ・展示用として、あるいは日本的な土産品として、その用途が見直されています。日本の伝と工芸品はどれも期待を裏切らない品質を備えていますが、和傘も例外ではありません。番傘を実際に手にとってみてください。その美しさや独特の香りに何とも言えない満足感を味わうことができます。◆



1月の新着商品